おなかにいっぱい、あやかしの種 1話のネタバレと感想

おなかにいっぱい、あやかしの種 壱話のネタバレ(モロバレではない)です。

まず初めに、この物語は主人公の樹津あかる
あやかしたちの精●を集めるために身体を張るお話です。

あやかしを見ることが出来るあかるは帰宅中にオオカミのあやかしに襲われそうになる。

これは幻覚これは幻聴だ!

そう言い聞かせているが、
オオカミの息遣いや顔を舐められる感触はリアルに感じ怯えている。
襲われそうになったその時、通りすがりのあやかしが

「その辺にしておけよ 掟を破っていいのか?今なら見逃してやる」

と言われたオオカミはその場を立ち去る。

助けてくれたあやかしは唐突に
「サトリの目か・・お前に頼みたいことがある」と
あかるに言うがあかるは突然意識を失う。

あやかしの種集めに協力?

気を失った次の日、あかるのクラスに転校生が来た。

名前は江月リン。姿はあかるの目にも人間に見えるが、
その正体は昨日助けてくれたあやかしだった。

お願いがあると言われついていった先はとある一軒家。
そこでリンにあやかしの精●を集めてきて欲しいと言われる。

そんなの無理だと言うあかるに、リンは事情を説明するが・・・

おなかにいっぱい、あやかしの種1話を読んだ感想

あまり期待しないであやかしの種を購入したけど、読んでみて一気に購入してしまいました!
あかる達のキャラ設定も読んでいて面白いし乱れるあかるもすごくエッチに描かれています。

作者の佐藤沙緒理さんの作品は今回が初で、無料で試し読みした段階でイラストや設定が独特だな~と感じましたが妖怪物の雰囲気にピッタリ合っていて楽しく読めました。

今回購入したサイトはDMM電子書籍。
無料で試し読みはもちろん独占配信も多いので利用しています。

2017年8月17日(木) 23:59まで50%OFF

1話通常価格108円のところ54円なので気になる方はお早めに~


クリックするとDMM電子書籍のサイトへいきます。 おなかにいっぱい、あやかしの種